お父さん、お母さんからの声!

佐々木 康文 会社員

体力も付き以前よりも明らかに元気になりました!

 

息子に空手を習わせようと思ったきっかけは、始めた事を続ける、諦めない、嫌なことに直面しても逃げ出さない強い精神と身体を育たい気持ちでした。息子と一緒に、事前連絡もなしに道場に行きました。道場の扉をそっと開けると稽古真っ最中で、元気な子供たちの声が飛び込んできました。私も息子も圧倒管に押され、中に入るのがタジタジになっていると、中元館長が「どうぞ、中で見学して」と優しく声をかけて頂きました。真剣に稽古をする子供たち、館長もふざけている子には厳しく叱っていて、今の時代、叱ってくれる場も少ないので、すごく良いなと思いました。その子に合ったレベルで、丁寧に分かりやすく、体力運動から礼儀まで指導しているのを感じました。その日の内に、子供の入門を決め、私、48歳も一般男性の部に入門しました。私も息子も白帯からのスタートです。息子に負けないよう、また息子に指導できるよう、息子と一緒の目標に向かって頑張っています。初めて1年ですが、息子も体力、精神とも大きく成長しました。私も、メタボ体系脱出!今は息子より真剣かもしれません。でも、いつか息子に抜かれるでしょうね!それが楽しみでもあります。

礼儀と作法のできる子に・・・

空手を始めることは、少しの勇気があれば良いんです。空手を通じて、あかるく・やさしく・たくましく成長してゆく子供を、保護者の方と一緒に見守ってゆくのが中元会館の方針です。

入会案内