中元會舘の紹介

  • HOME
  • 中元會舘の紹介

- 捌空手の神髄を極めた究極の実践空手 -

国際空手道「中元会館」は、元芦原会館最高師範 中元憲義氏が平成13年に設立した”捌き”を重視した空手団体です。”捌き”とは、力に頼らない空手であり、ステップワークを使って相手の死角に入り込み、敵の体を崩してから攻撃(打撃技や投げ技)を加え制圧する攻防一致の合理的な空手技術です。愛媛県八幡浜市に総本部をおき、宇和支部、三瓶支部、松山支部、高岡支部、さくら支部、高知支部、五台山支部、弥衛門支部、熊本支部、阿蘇支部の11箇所で約200人が稽古に励んでいます。

- 中元館長の紹介 -

国際空手道 中元會舘 中元憲義館長

中元 憲義
Noriyoshi Nakamoto
昭和25年5月生、芦原英幸氏が四国で道場を開いて間もなく、極真会館芦原道場に入門(昭和43年)。
一年半で黒帯取得。以来三十有余年にわたる修行の下、本物の空手を体得している人物である。


館長のお言葉
当時の組手はきつかったです。約束組手も自由組手も毎日バンバンやっていました。顔面のガードが下がっていたりすると掌底で顔面に入れられるし、奥歯がブッ飛ぶんです。それで最後に「ここを蹴るぞ!」っていわれて、わかっていてもそのままストーンって、何の抵抗もできないまま入れられるなんてしょっちゅうでした。とにかくその頃は無我夢中で道場に通ったものでした

"サバキ”は私の空手の神髄であり、常に相手の攻撃をリードし、サイドから崩し、攻め、倒す・・・これを究極の目標としています。「空手」は力に頼るのではなく、柔軟な対応とタイミングを生かし、ステップワーク、ポジショニング、そして十分な基礎体力と反射神経を必要とします。確実に動かないと相手の攻撃をもらってしまします。そこで大事なのが「基本」です。基本の繰り返しで強さの土台をつくり、練習の積み重ねによって「空手」がわかります。「初心に帰って稽古する」のを忘れてはいけません。


- 中元會舘の道場 -

宇和支部
支部長:宇都宮 謙一
場所:愛媛県西予市宇和町下松葉 宇和中学校
電話:0894-62-6098 (うつのみや整体)
HP:https://nakamotokaikan-uwa.amebaownd.com/

三瓶支部
支部長:宇都宮 行男
場所:愛媛県西予市三瓶町安土 安土振興会館
電話:090-4506-4019

松山支部
支部長:藤井 立春
場所:愛媛県松山市久保田町215-2 久保田公民館
場所:愛媛県松山市南吉田町1330 南吉田公民館
電話:090-9556-5930
HP:https://nakamoto-kaikan.com/

高岡支部
支部長:鈴木 重徳
場所:愛媛県松山市高岡町566 高岡公民館1F
電話:089-952-9353 (サイクルショップすずき)

さくら支部
支部長:岡本 淳良
場所:愛媛県松山市余戸中2丁目8-22余戸中分館2F
電話:090-1173-3639
HP:https://eenen-1031.wixsite.com/-site

高知支部
支部長:中城 浩紀
場所:高知県高知市丸ノ内1丁目8-3 高知県立武道館
電話:088-855-5747
HP:https://ameblo.jp/kochisibu/

五台山支部
支部長:渡辺 伸
場所:高知県高知市五台山3371 五台山小学校
電話:090-9456-4954

弥右衛門支部
支部長:岡林 正充
場所:高知市北御座2番60合
   弥右衛門ふれあいセンター
電話:090-2826-0695

熊本支部
支部長:大島 宏文
場所:熊本県熊本市北区楡木4丁目20-42
熊本市楡木地域コミュニティセンター
電話:096-234-7513

阿蘇支部
支部長:工藤 謙二
場所:熊本県阿蘇市一の宮町宮地
電話:0967-22-2893


-国際空手道真捌連盟のご案内 -

《活動理念》
自主自立の同門会派が、捌同の空手を正しく継承・発展のための研修・研鑽し、日本伝統文化である空手道を通して、「青少年の健全育成」と「生涯武道」という命題のもと「人格の陶冶」と「人間形成」に努め、社会に貢献できることを目的としています。

合同セミナー

中元憲義館長の捌きセミナーin 神戸